F1マレーシアGP 予選/ルイス・ハミルトンがポールポジション

この記事は3分で読めます

f1%e7%ac%ac16%e6%88%a6%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2gp-%e4%ba%88%e9%81%b8F1第16戦 マレーシアGPの予選が1日(土)午後5時、通常よりも3時間も遅いスケジュールでセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。V10時代(2005年)に記録されたコースレーコドの1分32秒582に迫る1分32秒850を記録しました。2番手には0.414秒差でニコ・ロズベルグが続いて、メルセデスがフロントローを独占しています。

2列目にはマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドとレッドブル勢が並びます。マクラーレン・ホンダは、300戦を迎えるジェンソン・バトンがQ3進出を果たして9番手。グリッド降格が決定しているフェルナンド・アロンソは22番手で予選を終えています。

Q1

ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトン

開始直後から各車がソフトタイヤでコースインしますが、レッドブル勢とフェラーリ勢だけはミディアムタイヤでアタックに臨みました。

ルイス・ハミルトンはコースインの際にスタート練習を行なう余裕を見せます。ハミルトンは「(空が)すごく暗く見える」と無線で報告しますが、降水確率は20%でチームも「レーダー上は何もないよ」と伝えます。メインストレート上には事前に行なわれたサブカテゴリ―のレースで発生したマシンのエンジンブローで出たオイル処理後が残っていますが、ライン上ではないためアタックには大きな影響はありません。

4分経過したところでジェンソン・バトンが最初のアタックでコースオフを喫し「クルマはOKだけど、トラフィックがひどい。ルノーがなぜか退いてくれなかったんだ」と訴えます。それでも次のアタックでタイムを記録しQ1通過を決め、パワーユニット交換で計45グリッド交換が決まっているフェルナンド・アロンソはミディアムタイヤでゆっくりと走行しただけで最下位で予選を終えました。

1回目のランでは1位・2位のメルセデスAMG勢の後ろにはフォースインディア勢が3位・4位で続きましたが、ソフトタイヤを履いて2回目のアタックに臨んだフェラーリ勢がこれを上回りました。

最後のアタックでハース勢がタイムを伸ばし、アロンソに加えてマノーの2台、ザウバーの2台、そして最終コーナーで大きくロックアップさせてタイム更新ができなかったジョリオン・パーマーがQ1敗退となりました。


Q2

開始直後から全車がソフトタイヤでアタック。1回のアタックでQ2通過確定を狙うメルセデスAMGはハミルトンに「レースセットになる可能性があるタイヤだから気をつけてくれ」というメッセージも忘れません。

1回目のアタックを終えた時点でメルセデスAMG、レッドブル、フェラーリの順のトップ6となって、7位に入ったフェリペ・マッサには「OK、とても良いラップだった」とエンジニアから無線が飛びます。

残り3分で8位セルジオ・ペレス以下の全車が新品ソフトで2回目のアタックへ。Q3進出争いは7位から5台が0.2秒以内にひしめく極めて僅差でしたが、その中で8番手タイムを記録してQ3進出を決めたバトンは上機嫌で「良いラップだっただろ!?」と自ら聞いてエンジニアも「あぁ、良いラップだったよ」と同意。

フォースインディア勢が9位・10位に入り、最終アタックでミスを犯したバルテリ・ボッタス、ハース勢はQ2敗退。トロロッソ勢もパワー不足に泣かされて、ダニール・クビアトは「みんなゴメン、XXXな予選だった」と悪態をつきました。

Q3

最初のアタックでトップタイムを記録したのは、Q1、Q2に続いてハミルトン。一方ロズベルグはターン6出口でワイドになるなどミスが目立ってハミルトンの0.9秒落ちで5番手に留まりました。

暫定2位のマックス・フェルスタッペンは「セクター2、3で軽い雨が降っている」と報告しますが、依然としてレーダー上の雨雲はサーキットから遠く離れています。しかし日は傾き始め、路面温度は38度まで下がってきました。

ハミルトンは最後のアタックのターン1で右フロントを大きくロックさせてしまいますが、ロズベルグは0.4秒落ちのタイムしか記録できず2位を確保するのがやっと。最後まで雨は降らず、レッドブル勢が3位・4位、フェラーリ勢が5位・6位、フォースインディア勢が7位・8位とチームごとにならんで、バトンが9位、マッサが10位という最終結果となりました。

F1マレーシアGPの決勝レースは、明日2日(日)の16時(現地時間15時)から行われています。
F1第16戦マレーシアGP予選 結果

F1第16戦マレーシアGP予選ハイライト 動画




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ