F1マレーシアGP決勝/ダニエル・リカルドが今季初優勝

この記事は3分で読めます

f1%e7%ac%ac16%e6%88%a6-%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2gp%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e8%a1%a8%e5%bd%b0%e5%8f%b0F1第16戦 マレーシアGPの決勝レースが2日(日)、セパン・インターナショナル・サーキットで行われました。

f1%e7%ac%ac16%e6%88%a6%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2gp%e3%80%80%e6%b1%ba%e5%8b%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88レースは、フォーメーションラップでフェリペ・マッサが「スロットルが機能しないよ!」と発進できずピットレーンスタートになり、好加速を見せたセバスチャン・ベッテルがターン1でマックス・フェルスタッペンのインを突きますが、両者はタイヤをロックさせて止まりきれず、ベッテルが2位ニコ・ロズベルグに追突して左フロントを壊しリタイア。ロズベルグもスピンして最後方まで下がってしまいます。

接触されるニコ・ロズベルグ(メルセデス)

接触されるニコ・ロズベルグ(メルセデス)

ベッテルの車両撤去のためのバーチャル・セーフティーカーが解除されるとフェルスタッペンがライコネンを交わし、順位はハミルトン、ダニエル・リカルド、フェルスタッペン、ライコネン、ペレス、そしてジェンソン・バトンは6位まで浮上しました。1周目のバーチャル・セーフティーカー中に4台がピットインしたため最後尾から10位まで浮上したアロンソは、6周目にはロマン・グロージャンをターン4でオーバーテイクして9位に上がります。

その直後の9周目、グロージャンが左リアのブレーキトラブルに見舞われターン15でコースオフしてストップ。ここで再びバーチャル・セーフティーカーとなり、上位勢はステイアウトしましたが、フェルスタッペン、ペレス、バトン、ニコ・ヒュルケンベルグ、アロンソ、ロズベルグらがピットイン。


バーチャル・セーフティーカー解除後、レースをリードするハミルトンとライコネンは14周目を過ぎてもタイヤは良く、20周目と21周目に相次いでピットインし、ハードタイヤに交換して1ストップで最後まで走り切る作戦に出ます。

一方で暫定首位に立ったフェルスタッペンは「もう少しプッシュを始めてくれ」と伝えられペースアップ。27周目まで引っ張ってピットインしハードタイヤに交換すると、ライコネンの前3位でコースに復帰します。

最後方から追い上げを見せるロズベルグがライコネンの後方に迫りますが、バッテリーがチャージしきれない状態が続き、31周目にロズベルグがピットインしてハードタイヤに履き替えたのを見ると、ライコネンはレッドブル勢との戦いを諦めてピットインし対ロズベルグで前に留まる戦略に出ます。

しかし38周目の1コーナーでアウト側に並びかけたロズベルグがターン2でライコネンのインを突き、両者は接触。ロズベルグは前に出たものの、10秒ペナルティを科されてしまいます。

白煙を上げてストップするハミルトン(メルセデス)

白煙を上げてストップするハミルトン(メルセデス)

一方、首位ハミルトンは順調に後続を引き離していましたが、なんと41周目のメインストレートで突然リアから白煙と炎を吐いてストップ。「Oh! NO~! NO~!」という悲痛な叫びとともに、ターン1でマシンを止めて降りたハミルトンは大きく肩を落とししゃがみ込んでしまいます。

ここでバーチャル・セーフティーカーが導入されたため上位を含めほぼ全車がピットインして安全策に。首位争いに変わったレッドブル2台のバトルは、同時ピットストップのため2秒以上に広がりました。

今季初優勝のダニエル・リカルド(レッドブル)

今季初優勝のダニエル・リカルド(レッドブル)

43周目にバーチャル・セーフティーカーが解除されると、首位リカルドは徐々にフェルスタッペンを引き離していき、そのままトップでチェッカードフラッグを受け、2014年ハンガリーGP以来の優勝を飾りました。スペインGP、モナコGPで優勝を逃しただけに、まさに3度目の正直です。

2位にはフェルスタッペン、3位には「2周だけストラット3を使って良いぞ」と許されたロズベルグが猛プッシュでライコネンに13秒差をつけて10秒ペナルティを跳ね返し3位表彰台を獲得しました。

5位には1ストップで走り切ったボッタス、6位には2ストップのペレス。最後のバーチャル・セーフティーカーでピットインしソフトタイヤ中心の戦略を採ったアロンソはヒュルケンベルグを抑えて7位、逆にバーチャル・セーフティーカーの直前にピットインしてしまっていたバトンは割を食う形となり9位に終わりました。10位にはジョリオン・パーマーが入り、自身初ポイント獲得を果たしています。

F1第16戦マレーシアGP決勝 結果




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ