フォーミュラE第4戦メキシコ/ディ・グラッシ今季初優勝

この記事は2分で読めます

フォーミュラE 第3シーズン 第4戦 メキシコシティePrixが1日(土)にエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催され、ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)が今季初優勝を飾りました。

予選で18番手タイムと苦戦を強いられたディ・グラッシは、決勝でもオープニングラップでマーロ・エンゲル(ベンチュリ)に追突され、リヤウイングを大破する不運に襲われます。

その後も序盤から各所でマシンが接触し、コース上にはパーツ片が散乱したため、レースは早くもセーフティカーが出動します。ディ・グラッシはセーフティカーラン中の3周目にピットインして、大破したリヤウイングを新品に交換。ポジションは落としたものの、トップと同一周回でコースに戻り、ダメージを最小限に抑えました。

13周目、ポールポジションスタートでトップを走っていたオリバー・ターベイ(NEXTEV NIO)がホームストレートで突如スローダウンしリタイア。これでホセ・マリア・ロペス(DSヴァージン)がトップに浮上しましたが、ターベイの車両回収のために、レース2度目のセーフティカーが導入されます。

そしてセーフティカー中の18周目、ライバルがステイアウトするなか、ディ・グラッシとジェローム・ダンブロジオ(ファラデー・フューチャー・ドラゴン・レーシング)がピットイン。2台目のマシンに乗り換え、残り28周を走りきるギャンブルを仕掛けます。

ディ・グラッシとダンブロジオは、トップと同一周回で隊列に復帰。その翌周にレースが再開されました。

レース折り返しとなる24周目ごろから、各車が続々とピットイン。ここでディ・グラッシがトップ、ダンブロジオが2番手までポジションを上げます。ここからはバッテリー残量を気にかけながら走行するトップ2台と、電力に余裕があるライバルたちとのバトルが繰り広げられました。

なかでも、ディ・グラッシは電力をマネジメントしながらリードを広げる一方で、ダンブロジオは3番手以下からの激しいプレッシャーを受けることになりました。

終盤までポジションをキープしたダンブロジオですが、レース残り2周となった43周目、1コーナーのブレーキングでミス。この隙を見逃さなかった3番手ジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)が2コーナーの飛び込みでインを突くと、オーバーテイクに成功。

その後、ベルニュはペースを上げてトップを猛追しますが、それまでに充分なマージンを築いていたディ・グラッシには届きません。序盤のリヤウイング交換、そして早めのピットインというギャンブルに成功したディ・グラッシが、今季初の勝利を手にしました。


2位にはベルニュ、3位にはサム・バード(DSヴァージン)が続きました。ベルニュに交わされ3番手に後退したダンブロジオはバッテリー残量が厳しかったことから、さらにペースダウン。最終的に14位までポジションを落としています。

今シーズン、開幕から3連勝していた2016年チャンピオンのセバスチャン・ブエミ(DSヴァージン)は、予選10番手からスタートしたものの、決勝レース終盤にコースオフするなど、苦戦。ポイント圏外の13位でフィニッシュしています。

ただし、ブエミはレース中のファステストラップを記録しており、ボーナスポイント1点を獲得しています。

フォーミュラE第5戦モナコePrixは、5月13日に予選、決勝レースが行われます。

ディ・グラッシのコメント

「レース中、こんなに浮き沈みが激しくなるとは思わなかった。これがフォーミュラEの醍醐味だけどね。(レース序盤)誰かが僕に追突してきて、リヤウイングは破損してしまった。その後は、可能な限り使用するエネルギーを抑えながら、ギャップを広げることに集中した。最終コーナーを立ち上がるまで、自分のレースに集中していたから、チェッカーを受けたときは大騒ぎだったよ。レースの展開も、パワーマネジメントの面でも、僕のキャリアでベストなレースになったことは間違いない。最高の気分だ。」

フォーミュラE 第4戦 メキシコシティePrix 決勝ハイライト




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ