SUPER GT500クラス開幕戦/KeePer優勝でレクサスがトップ6独占

この記事は4分で読めます

4月9日午後、2017 AUTOBACS SUPER GT第1戦「OKAYAMA GT 300km RACE」の決勝レースが岡山国際サーキットで行なわれました。

SGTレクサスLC500はトップ6を独占

GT500クラスはパレードラップからホンダNSX-GTがトラブルで次々と脱落。
予選で下位に低迷したニッサンGT-Rも勝負権がないまま、KeePer TOM’S LC500が優勝を飾り、レクサスLC500が1~6位を独占する圧勝の結果となりました。

朝まで残っていた雨の影響もあり、明け方の岡山国際サーキットのコース路面はウエット。
しかし、午後になり曇りがちの天候も日が射すようになり、コースコンディションは改善。決勝レースを前に、完全なドライとなりました。

82周で争われるSUPER GT第1戦岡山の決勝レースは、岡山県警の白バイ2台が先導するパレードラップを1周行いました。しかし、この最初のスタートで5番グリッドにいたNo.17 KEIHIN NSX-GT(小暮卓史)がスタートできないというトラブルが発生。全車が走行を始めた後に、なんとかエンジンをスタートするものの、最終コーナー手前で再びストップ。さらに、フォーメーションラップ中にモスSコーナーで。今度はポールポジションのNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)がストップ。これでレースは赤旗が出されることとなります。NSXの悲劇はこれで終わらず、全車が整列しなおすためにストレートに戻ってきたところで、さらにNo.64 Epson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バゲット)も止まってしまいます。

この決勝スタート前の波乱を経て、午後2時54分に、1周減算の81周でレースがスタート。
トップはNo.6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋和也)に変わり、No.37 KeePer TOM’S LC500(ニック・キャシディ)、No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)、No.19 WedsSport ADVAN LC500(関口雄飛)、そして5番手にNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀)がつけます。レーススタート直後の2周目のヘアピンで、勝負に出たNo.37 KeePer TOM’S LC500(キャシディ)がタイヤスモークを上げながらコーナーへ進入しトップへ浮上し快走を続けます。

バックストレートでストップしたS Road CRAFTSPORTS GT-R

しかし、順調に進み始めたレースも6周目、残っていた2台のNSXのうちの1台、8番手を走行していたNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)が、バックストレートで他のNSX-GT同様にストップ。同時にGT300のNo.52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCがクラッシュしたことでセーフティカーが入ります。

この後の再スタートでもNo.37 KeePer TOM’S LC500(キャシディ)はトップをキープし、LC500勢は快調に飛ばします。なんとかこのLC500勢に食らいついていたNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)はじりじりと順位を下げ、下馬評通りLC500の6台によるトップ争いとなっていくことになりました。

終盤

レクサスLC500勢による争いはレース終盤まで展開

その後もLC500同士のつばぜり合いは激しく、17周目にNo.36 au TOM’S LC500(ジェームス・ロシター)がNo.19 WedsSport ADVAN LC500(関口)のミスを捉えて順位を上げ、22周目にはバックマーカーのパスのタイミングをうまくねらってNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川)がNo.6 WAKO’S 4CR LC500(大嶋)をパス。27周目のバックストレートエンドではNo.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(コバライネン)と関口が当たって19号車がコースオフしてしまいます。

30周あたりから、各車がピットインし、GT500クラスの全車がピット作業を終えてコースに戻りますが、その後半を担当するドライバーでもLC同士の戦いは白熱。2番手争いのNo.36 au TOM’S LC500(中嶋一貴)とNo.6 WAKO’S 4CR LC500(アンドレア・カルダレッリ)は、41周目のバックストレートエンドで競り合って、au TOM’S LC500の一貴がコースオフをしてしまいます。


そしてレースも終盤となる53周目、2コーナーでGT300のNo.50 Ferrari 488 GT3がクラッシュ。セーフティカーが3度コースイン。少しずつ開きかけていた各車両の間隔は再び詰まり、ギャップがなくなった状態で再開され、残り20周での激しいスプリントレースの様相となりました。

中でもNo.37 KeePer TOM’S LC500の平川とNo.6 WAKO’S 4CR LC500のカルダレッリは、コーナーで、ストレートでGT300の集団と重なりながら、激しいサイド・バイ・サイドを繰り返しました。後続のLC500勢でもバトルが展開され、そのさばき方も実に見事。見ごたえたっぷりのレース終盤となりました。

しかし、追うNo.6 WAKO’S 4CR LC500の目の前で、GT300の2番手争いを行っていたNo.25 VivaC 86 MCがスピン。クラッシュは避けたものの、これでトップNo.37 KeePer TOM’S LC500との差が開いてしまいます。これで楽になったNo.37 KeePer TOM’S LC500が、先頭でチェッカーを受けました。2、3位はNo.6 WAKO’S 4CR LC500、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500と。LC500が表彰台を独占。いや、結果的には参戦6台のLC500でトップ6を手中にしました。

GT500全車が新型となった今シーズン。誰が勝っても新車初勝利でしたが、ベース車ブランドも新たになったレクサスLC500が記念すべき勝利一番乗りを果たしました。平川にとっては3勝目で、内2勝がここ岡山。キャシディは嬉しい初勝利。

8番手以降に沈んでいたGT-R勢では、当初はNo.24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がトップを走っていましたが、25周目にNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ヤン・マーデンボロー)がこれをパスし、さらにドライバーを交代でNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)がGT-R勢トップに立つとそのまま7位でチェッカー。

ホンダNSX-GT勢で唯一、目立ったトラブルが起きなかったMOTUL MUGEN NSX-GT

スタート直後にトラブルに見舞われたNSX-GT勢では、8号車、100号車の2台が早々にリタイア。その他の車両はトラブルの出た電装パーツを交換してレースを継続します。トラブルの出なかった16号車がNSX-GT最上位となる9位でフィニッシュしました。

スーパーGT第1戦岡山 決勝結果




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ