スーパーGT第2戦富士 GT500クラス決勝/ZENTがポール・トゥ・ウイン

この記事は5分で読めます

スーパー GTの第2戦第2戦「FUJI GT 500km RACE」の決勝レースが4日(木)、富士スピードウェイで行われました。初夏を迎える5月らしい快晴のなか、いつもより長い500km/110周で行われるゴールデンウイークの恒例レース。GT500クラスはZENT CERUMO LC500がポール・トゥ・ウイン。4年ぶりに富士スピードウェイでの勝利を手にしました。

パレードラップの後、フォーメイションラップを経てローリングスタート。スタートでは大きな波乱はなく、グリッド順に1コーナーへ。その後のオープニングラップでは4番グリッドのau TOM’S LC500がWAKO’S 4CR LC500を抜いて3番手に浮上。翌周にはDENSO KOBELCO SARD LC500もWAKO’Sをパスし、ペースの上がらないWAKO’Sは5番手に後退してしまいます。

3周目のストレートではRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴がイン側からARTA NSX-GTとWedsSport ADVAN LC500を一気に抜き去り9番手から7番手にアップ。6周目のストレートでは3番手のauジェームス・ロシターがMOTUL GT-Rの背後に入り、スリップに入ります。

開幕戦不振のMOTUL AUTECH GT-Rは表彰台あと一歩の4位

1コーナーでは順位を守ったMOTUL GT-Rでしたが、続くコカ・コーラコーナーではauの先行を許してしまいます。さらにMOTUL GT-Rは翌周のストレートでDENSO KOBELCO SARD LC500のヘイキ・コバライネンにもストレートでかわされ、4番手に後退。

ストレート速度で厳しいMOTUL GT-Rは後続のレクサス陣営に次々と襲われる展開に。その中でステアリングを握るロニー・クインタレッリは周回遅れとなったGT300をうまく使い、ストレートで1コーナーを死守します。その後ろで詰まったWAKO’Sはダンロップコーナーの立ち上がりでKeePer TOM’S LC500に5番手の順位を奪われてしまいます。

上位3台レクサス、そしてMOTUL GT-Rを挟んでまたレクサス2台となったトップ6で序盤は周回。その後方の9番手以下ではNSXとGT-Rがテール・トゥ・ノーズで順位を争います。

WAKO’S 4CR LC500

20周目、5番手KeePerと6番手WAKO’Sが争い、WAKO’Sの大嶋和也が前に。25周目にはS Road CRAFTSPORTS GT-Rの千代勝正が1コーナーで黄旗中にカルソニック IMPUL GT-Rを追い越したことがペナルティとなり、ドライブスルーペナルティを受けることに。

27周目にはKEIHIN NSX-GTがピットイン。塚越広大から小暮卓史に乗り変わります。均等割りなら35周目前後ですが、ホンダ陣営は早めのピット作戦を選択した模様。28周目にはARTAがピットインし、野尻智紀から小林崇史にステアリングを交代しています。

また、翌29周目にはレクサス陣営の戦陣を切って10番手走行中のWedsSport ADVAN LC500がピットイン。関口雄飛からGT500デビュー戦となる山下健太に乗り替わっています。

46周目にはカルソニックにトラブル発生。マシンがピットインするも、そのままガレージへ。ドライバーはクルマを降り、メカニックがトラブルの修復に取りかかります。

47周目には2番手のDENSO平手晃平と3番手au伊藤の差が約1秒となり、接近戦に。auは何度もDENSOのスリップに入りますが、平手がインを死守して伊藤を前に行かせません。約5周に渡ったバトルは52周目の最終コーナーで意外な結末に。レクサスコーナーの立ち上がりでGT300を外から平手、インから伊藤が抜いた直後、2台が最終コーナーで接触。平手のDENSOはスピンし、その横を伊藤のauが抜けて行き、2番手が入れ替わります。平手はすぐにコースに復帰し、3番手をキープ。

平手のDENSOはauとの接触前にもGT300マシンと接触してフロントグリル周りのパーツを破損しており、その影響からかペースが上がりません。すぐに後続のWAKO’Sにも追いつかれ、オーバーテイクを許してしまいます。同じタイミングでMOTUL GT-Rの次生がKeePer平川亮に1コーナーで順位を奪われ5番手が交代。上位陣の各所でバトルが行われます。

終盤戦の連続ペナルティ

レース周回数の半分、55周を終えた時点で、トップはZENTで変わらず、2番手からau、WAKO’S、DENSO、そしてKeePerと5台のレクサスLC500が上位を独占し、6番手にMOTUL GT-R、7番手にホンダ最上位のRAYBRIGが続きます。

au TOM’S LC500

60周目、先ほどのau伊藤大輔とDENSO平手の接触が、伊藤のペナルティと判定され、auはドライブスルーペナルティ。2番手から8番手まで順位を下げてしまいます。

69周目にはARTA、KEIHINがルーティンの2回目のピットイン。ここから2度目のピットタイミングとなり、翌70周目にはWedsSportがピットへ。

71周目にはMOTUL GT-Rの次生が4番手のDENSO平川の背後に付きます。セクター3の上りで間隔を詰める次生ですが、ストレートでは平川にスリップに入ることができず並び掛かることができません。

72周目にはauがルーティンの2回目のピットイン。伊藤からロシターにチェンジ。MOTUL GT-Rと4番手を争っていたDENSOも73周目にピットへ。WAKO’S、KeePer、RAYBRIGもピットイン。

75周目にはトップのZENTが10秒以上のマージンを持ったままピットイン。若干、石浦がクルマを降りるのに手こずった様ですが、モニター上で48秒6の素早いピットワークで立川に乗り替わり、ZENTは難なくコースに復帰。


続々と2回目のピットに入るマシンが続く中、76周目にはMOTUL GT-Rがピットインし、アウトラップで4番手のDENSOとバトル。丸々1周に渡ってバトルを続け、最終コーナーからストレートでは周回遅れのWedsSport関口雄飛も加わってストレート上で3ワイドバトルに。一番外のWedsSportは1コーナーでややオーバーランし、最内を付いたDENSOコバライネンが前に。

しかし、MOTUL GT-Rのクインタレッリはタイヤが温まり始めると、DENSOに再び接近して、バトル再開。80周目の1コーナーでは逆にDENSOを抜き返し、4番手に順位を上げました。DENSOのコバライネンはフロント周りの破損で手負いの状態が響きましたか、その後はMOTUL GT-Rに付いていくだけの展開となりました。

フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R

97周目にはMOTUL GT-Rを追っていたDENSOのコバライネンがレクサスコーナーでスピン。5番手をauに奪われ、その後も100Rでコースオフをしてしまい、RAYBRIGにもかわされ7番手に後退しました。その後、残り10周を切ったダンロップコーナーでGT300マシンのリヤタイヤが外れるというアクシデントも起きましたが、GT500への影響はありません。

レース終盤にはフォーラムエンジニアリング ADVAN GT-RのJ-P.デ・オリベイラが青旗無視でドライブスルーペナルティを受け、ピットレーンに入りましたが、その際に速度違反を犯してしまい、再びドライブスルーペナルティを受けることとなりました。

ZENT CERUMO LC500

その後はGT500の上位では順位の変動はなく、トップのZENT立川はややペースを落とすも、2番手WAKO’Sとの差をコントロールするような動きを見せ、手堅く6~7秒差をキープ。そのまま危なげなく110周を走り切ってトップチェッカーを受け、レクサス陣営に2013年以来となるホームコース富士での勝利をもたらしました。

2位はWAKO’Sで開幕戦に続く連続2位表彰台を獲得。3位に開幕戦優勝のKeePerが入り、ランキングトップを守り、レクサスが表彰台を独占する結果となりました。

レクサスが強さを見せた第2戦でしたが、4位に入ったMOTUL GT-Rは、これまでの不振を考えると大健闘と言えるリザルト。レースでも随所に存在感を見せ、トップ6の中でレクサスが5台占める中で、一矢報いた形となりました。

スーパーGT第2戦富士 決勝 結果

スーパーGT第2戦富士決勝ダイジェスト




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ