アロンソ「事故のことは覚えている 1995年になんて戻っていない。」

この記事は2分で読めます

alonso004フェルナンド・アロンソが、F1マレーシアGP木曜日のFIA公式記者会見でプレシーズンテストでの事故について説明しました。
マクラーレンのデータに記録されていないステアリングのトラブルが原因だったと考えています。

アロンソコメント

衝撃を受けた直後に意識を失っていた?

事故のことは覚えているし、次の日のこともすべて覚えている。もちろん、チームも僕も原因究明に熱心だったし、FIAも同じだ。彼らはずっと協力的だった。3者で絶えず連絡を取り合っていた。データ上にはそれとわかるはっきりした記録はなく、それが理由だと断定はできない。でも、ターン3の真ん中で問題があったのは確かだ。ステアリングが右にロックして、ウォールに接近していった。直前でブレーキングして5速から3速にシフトダウンした。残念ながらデータ上ではまだ欠けている部分がある。

クルマのその部分のデータ収集はあまり優先されていないので、今回のレースではいくつか新しいセンサーを付けたし、ステアリングとパーツにもいくつか変更が加えられた。それがメインで、先週のファクトリーではこのレースで使う新センサーや新パーツについてシミュレーターで説明を受けた。

意識が戻った際に記憶がカート時代の1995年に戻っていたという報道については?

普通の脳震盪とほとんど同じだ。脳震盪を起こして病院へ行った。病院に行くときの状態も問題はなかった。
着いてから16時~18時くらいに覚えていない時間帯があるけど、ヘリコプターに乗るためや病院でテストを受けるために受けた措置としては全て正常な反応だ。言った通り、全てが正常だった。
1995年になんて戻っていないし、目が覚めてイタリア語で話したなんてこともない。
メディアに書かれているようなことは何もなかった。

突風にあおられたというマクラーレンの当初の説明については?

それは違う。映像を見たかどうか知らないけど、あのスピードでマシンを動かすことはハリケーンでも無理だ。
それに、何かの異常や医学的な問題があれば、体の力が抜けて真っすぐ外側に向かうはずだ。
でも僕は内側に向かった。今でもF1マシンというのはステアリングホイールを切るのにそれなりの力がいる。それが1つだ。

正直な話、事故が起きた場所がスペインだったこともあって反響が大きくなったと思うし、あの日はすごく注目されていたので、チームの最初の会見は、僕のマネジャーやスタッフから情報を集めて、風やその他の可能性ついて推測するしかなかった面があると思う。
それが少し混乱を招いた。でも、僕が全てを伝えるまで3日も4日も黙っているわけにはいかなかった。その間に騒動は大きくなってしまっただろうからね。彼らは風という理論を述べた。沈静化にはあまり役立たなかったけどね。

事故についての詳細は?

現場にマーシャルが到着する前にラジオとERSユニットのスイッチを自分で切った。
全部覚えてる。長くなるから事細かには語らないけど、記憶は全てある。日曜日の朝はセットアップ変更とラップタイムに取り組んでいた。

ターン3の前ではベッテルが僕の前にいたけど、シケインをカットしてピットレーンを出た僕を先に行かせてくれた。衝突した後、僕はしばらく壁に接触していて、ラジオがオンになっていたからスイッチを切った。
それから、マーシャルがマシンに触れられるようにERSシステムを切るためのバッテリーのマスタースイッチを切った。そのときは完全に意識があった。

意識を失ったのは救急車の中かサーキットのクリニックだ。でも、医師たちはこれは普通だと言っている。搬送のため、それから病院でチェックやMRI、評価を受けるための薬を投与されるからだ。

説明のつかない事故の後でマシンを信頼できるの?

マクラーレンはマシンの安全を確保するためにあらゆる予防措置をとっただけ。
僕はチームを心から信頼している。彼らは1カ月間、クルマの全てのコンポーネントを調べ、影響をシミュレーションし、数多くのテストをして疑問のあるパーツを1つ残らず変えた。今は最も安全なマシンになったと思ってるくらいさ。それに、1カ月たって僕は誰よりも医学的にチェックされ尽くしたドライバーになった。僕たちはどちらも大丈夫だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ