F1マレーシアGP 予選/PPはメルセデス。 マクラーレン・ホンダは2台揃ってQ1敗退

この記事は2分で読めます

F1.063月28日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われたF1マレーシアGPの予選は、雨雲に覆われた中、開催された予選セッションのQ2途中に強烈なスコールと雷がサーキットを襲い、1回目のタイムアタックをうまく終えたドライバーがQ3に進むことになりました。

ポールポジションは、開幕戦に続いてメルセデスのルイス・ハミルトンが獲得。ハミルトンは40回目のポールポジションです。

2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続き、メルセデスのフロントローを独占を阻止。3番手にはセバスチャン・ベッテル(メルセデス)が入りました。

注目のマクラーレン・ホンダは、ジェンソン・バトンが17番手、フェルナンド・アロンソが18番手と、本戦から参戦するマノー・マルシャだけを上回る事実上の最下位に終わりました。

ジェンソン・バトン (17番手)コメント

「予選セッション中はタイヤに熱を入れるのが難しかったし、第1セクターで苦労したけど、第2、第3セクターではうまく走ることができた。予選前には、すぐ上にいるライバルにもう少し近づけると期待していたし、今週末は我々のパフォーマンスが大きく前進した」

「レースペースやロングラン中の安定性についても、若干の向上ができるだろうし、明日の決勝ではライバルに迫る走りが見せられると思うので、楽しみにしている。

セパンでは明るい点が多く、我々のペースは大幅に向上した。エンジンとエアロパッケージについてはまだ進化の余地があるが、みんな何をすべきかわかっている」

フェルナンド・アロンソ (18番手)コメント

「今週末ここまでのパフォーマンスは、大会前に予想していたものよりも良いと思う。
実際、前を行くライバルにかなり近づいているし、オーストラリアからの進歩はすばらしいものだ。

ただ、まだこれは過程にすぎないし、さらに進化していく必要があるけど、今後Q1でノックアウトとなる期間はそんなに長くないのではないかと思っているし、今後数週間でのさらなる進化には自信を持っている。もし明日雨が降れば、チームにとっては新たな学習の場となる。

開幕戦を欠場した僕にとっても、スタートの手順やフォーメーションラップ、ピットストップなど、すべてが今季初めてのことばかりだ。スタートポジションはあまり良くないけど、マクラーレン・ホンダのプロジェクトは長期的な視点で見ていることを理解している。

メルセデスに勝ちたいとは思うけど、時間はかかるし、チャンスが来たときに、それを確実にものにできるような準備をしておくことが必要だ」

マクラーレン・ホンダ レーシングディレクターのエリック・ブーリエコメント

「予選17番手、18番手という結果は、求めているレベルからは程遠いが、ポジティブな面は多々あったので、あまり悲観的に考えたくはない。まずは、フェルナンドが復帰できてよかった。

彼は、マクラーレン・ホンダでの初めての予選セッションで、チームをリードし、その情熱はみんなに伝播していた。
そして、ジェンソンとも同じくらいのタイムを出してくれた。
2人とも、現時点でのMP4-30が出せる最大限の力を発揮してくれている。
メルボルンと同じグリッドではあるが、パフォーマンスの向上は明らかだ。

セパンのようなタイトコーナーの多いサーキットの方が、ストップ・アンド・ゴー型のメルボルンよりもMP4-30が力を発揮しやすいが、今週末のパフォーマンスは、コース特性の違いだけでなく、マシン自体が進歩した結果だ。

もちろん、我々はまだ満足していないし、越えるべき山は残っている。
ただ、確実に進化できているし、まだマシン開発の過程にあるということを心に刻み、じっと耐える時期だ。これからも進歩し続けていく」

F1マレーシアGPの決勝レースは、29日(日)の16時(現地時間15時)から行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ